カヤックに乗る際の服装

 

カヤックに乗る際の服装例をご紹介します。ここに載せているのは、あくまでも服装の一例で、対象エリアは関東とその周辺エリアです。カヤックをするエリアや、その日の気温・天候に合った服装を考慮の上お出かけ下さい。

 

冬の服装(例)

ドライスーツの下は...
上:吸湿速乾性シャツ1〜~2枚+フリース
下:吸湿速乾性タイツ+薄手の防寒パンツ+登⼭用ソックス2枚履履き

 

水中ではなんと空気中の20 倍以上の早さで体温が奪われていくそうです。万一の落落水の時に、泳ぎやすく、保温性があり低体温症を防⽌止できるウェアは冬の必須条件です。

 

 

春・秋 の服装(例)

 

暖かくなってきたら、日焼けや熱中症に注意しましょう。過度の日焼けを防⽌止するために、なるべく肌の露出を控えたウェアを選ばれると良いでしょう

 

 

夏の服装(例)

 

こちらでご紹介した服装はあくまでも例ですので、カヤックを楽しまれるエリアとその日の気温・天候によって、調整してください。

 

 

 

 カヤックに乗る際の持ち物

 

どんなアウトドアアクティビティーにも危険はつきものです。そのため、ここでは安全確保に有効とされる持ち物をご紹介します。(Kayak55.com 赤澤さんにお話を伺いました)

 


1.防水ケースに⼊入れた携帯電話:
緊急時に海上保安庁に連絡をするために無くてはならないものです。リーシュコードにつけて、PFD のポケットに⼊入れておきましょう。(⾝に付けておかないと、カヤックと⾃自分が離離された時に連絡⼿手段を失うことになります)

 

2.ホイッスル:
緊急時に他船や同行者に気付いてもらうために必要なツールです。人間の声はなかなか通りにくく、また大声を出し続けることで体⼒力を消耗してしまいます。ホイッスルは髪を結ぶゴム紐などに通して身に付けておくと良いでしょう。

               

 

3.防水仕様の腕時計:
⽇没時刻や潮流が変化する時刻、⾵が変わる時刻などを把握するのに必要です。

 


4.レスキューナイフ:
ロープ類が自分に絡まってしまった時に切るためにあると便利です。

 


5.パドルリーシュコード:
釣りをしている際にはパドルから手を離します。そのため、パドルリーシュコードで繋いでおけば、パドルの流出が防げます。

 


6.スペアパドル:
万⼀、パドルが折れたり流出した時のために用意しておくと便利です。

 


7.GPS: 

漕いでいるスピードの把握や、カヤックが風や潮で流されているスピードを把握するため。また、出艇地までの距離を把握したり、出艇地へ正確に戻る為にも有効です。(もちろん釣りのポイント把握にも有効です)

 

Top