カヤックの選び方

 

バイキングカヤックは目的や用途に合わせてお選びいただけるよう、様々なモデルのカヤックをご用意しています。では、どのようにご自身に合ったカヤックを選べばよいのでしょうか。ここでは、カヤックの選び方についてご説明します。

 

1.何人でカヤックを楽しみたいか

1人で乗りたい

ニモ、ニモ2+1、プロフィッシュ、オージー、オパール

 

2人以上で乗りたい

ニモ2+1

 

 

2.カヤックのご使用目的

バイキングカヤックの全モデルは様々な用途で、シーンでお楽しみいただけるよう設計されていますが、その中でもどのモデルが特におすすめかをご紹介します。

 

釣り
海釣り(沿岸近く)
ニモフィッシャーマン、ニモ2+1 フィッシャーマン、プロフィッシュ

 

海釣り(沿岸から800m 以上沖)
プロフィッシュ、忍

 

湖や河川でのブラックバス釣りやトラウト釣り
オージー、ニモブラックバス、オパール、忍

 

 

レジャー

全モデル

 

カヤックサーフィン

ニモ、オージー、ジャブリン、スーパースキー

 

シュノーケリング、ダイビング 

カヤックフィッシングもそうですが、特にシュノーケリングやダイビングを行う際には、安全のためなるべく2人以上で行動するようにして下さい。そのため、最適なモデルは複数人で乗る事ができるニモ2+1になりますが、別々のカヤックでポイントへ向い一緒にシュノーケリングを行うのであれば、シュノーケリングギアを積むのに充分な容量を備え、また水中から再乗艇しやすいニモ、新モデルもシュノーケリングに最適な艇だと言えます。

ニモ2+1、ニモ、忍

 

 

 

3.カヤックのサイズで選ぶ

お持ちの車に車載できるか、保管場所に収まるかも重要なポイントです。

 

 

長さ

船体重量

最大積載量

ニモ

3.2m

79cm

20kg

約125kg

ニモ2+1

3.9m

81cm

28kg

約200kg

プロフィッシュ

4.3m

77cm

28kg

約130kg

オージー

2.7m

79cm

18kg

約100kg

オパール

3.0m

80cm

21kg

約130kg

3.5m

77cm

23kg

約110kg

 

車のサイズに対して車載する物のサイズが大きすぎると制限外積載等の許可申請が必要になります。詳しい情報につきましては、以下のリンクがわかりやすいので、是非ご参考になさってください。

http://www.pref.shizuoka.jp/police/anzen/jiko/kiseka/shinse/segengai.html

 

車載イメージ


Honda オデッセイーニモ2+1


軽ミニバンー ニモ2+1



スバル フォレスター ー プロフィッシュ45


Toyota エスティマ ー ニモ


Toyota エスティマ車内 ー ニモ


Toyota エスティマ ー プロフィッシュ

 

 

 

4.モデルの特性から選ぶ

 

ニモ:

コンパクトで軽量、多目的に使えるオールマイティーカヤックです。ワゴンタイプの車なら、車内に積むことも可能。海に湖に川に、どこででもお使いいただけます。沖釣りや長距離のツーリングには、より容量が大きく荷物がたくさん積めるプロフィッシュをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

ニモ2+1:

大人気のタンデム艇です。ご家族皆さんで楽しむのもよし、大容量&豊富なスペースをお一人で楽しむのもよし、一艇で色々な活用方法が楽しめます。
 

 

 
 



プロフィッシュ:

本格アングラーモデルです。沖釣りや長距離のツーリングにも最適です。何と言っても大容量の収納スペースが特徴のプロフィッシュ。足の間にあるカバー付きの大きなセンターコンソールボックスは、すぐに手が届きとても便利です。細長いボディーで、スピード、安定性共に優れたカヤックです。長さがあるので、狭い場所や少し流れの早い河川でのご使用には、ニモの方が便利です。

 

 


オパール:
池や⼩小さな河川でのご使用、またはお子さんが楽しむカヤックにオージーはいかがですか。その小さなボディで、狭くアクセスしにくい場所へもスイスイ移動することが可能。⼩型で軽量、軽⾃動⾞の車内にも積み込めるコンパクトなカヤックです。身長が170cm以上の方には一回り大きいニモをおすすめします。
 

 

 

 


オパール:

湖や海岸線のデイツーリングやバスフィッシングなど小さめの魚をターゲットにした釣りに最適です。他のモデルがシットオントップスタイルなのに対し、オパールはバイキング唯一のシットインスタイルカヤックです。ただシットインといっても、従来のシットインタイプのカヤックに比べて間口が広いので、出入りしやすく圧迫感や閉塞感もありません。非常に高い安定性を持ち、また特殊な構造で艇内が水で一杯になるようなこともありませんので、カヤック初心者の方でも安心して楽しめます。

 

 

忍:
バイキングカヤックが満を持して世に送り出す、日本の釣りのために設計されたジャパンモデルカヤック、それが忍です。ニモとさほど変わらないコンパクトな船体に驚くほどの大容量センターコンソールを備え、フロントには移動中にルアーを置いておける場所も確保しました。その艇底の形状から、快適でスピーディーなパドルが楽しめます。また、オプションアクセサリー類も充実しているので、カスタマイズの楽しみも広がります。 

Top