Kayak Field Promotion Team 

   バイキングカヤックフィールドプロモーションチームメンバー

 

 

       

                 

  

T. Nagasaki (Profish45)

 

釣りを始めたきっかけは、小学生の頃、父親に連れられて近所の川でのハヤ釣りでした。その後、アニメ 釣りキチ三平の影響でルアーフィッシングに興味を持ち、芦ノ湖通いが始まりました。最初の1匹を釣るまでは結構、時間が掛かりました。

中学生の頃は、夏休みの工作でペンシルベイトを作ったのが、ルアー製作の原点です。バス用のルアーを作っては、近所の池に自転車で釣りに行っていました。

社会人になってからは、トラウト、エギング、ショアジギング、オフショアでのシイラとルアーフィッシングも四季を通じて、いろいろな釣りをしていました。

現在はNagasaki Lure Craftというプライベートブランドで、メタルジグを製作し、伊豆近海、御前崎等で週末テスト釣行を釣り仲間とともにしています。

今後は、人との繋がりを大切にし、自然に感謝しながら、カヤックフィッシングの楽しさをお伝えできればと思います。

                         

 
       
 

 M. Togashi

(Nemo2+1 Fisherman / Shinobi)

 

夫婦で釣りとカヤックを楽しんでいます。カヤックに乗ることで自然の中に包まれ、一体感を感じる時間がとても好きです。家族や夫婦で遊ぶカヤックをご紹介出来ればと思っています。

 

 

 

 

 

 

     
 

 S. Togashi

(Nemo2+1 Fisherman / Profish45) 

 

カヤックフィッシングを始める前はトラウト(エリア・ストリーム)、ソルトのライトゲーム全般を楽しんでいました。
カヤックで海に出ることで魚との距離が縮まり、季節を問わず海に出ています。
漕ぐだけでも楽しい、釣れるともっと楽しいですが、楽しみ方は色々あります。
行きましょう!わずか1km沖のパラダイスへ!
 
       
   

 S. Teruya

(Shinobi) 

釣りを始めたきっかけは2011年11月、友達に誘われたルアーでのタチウオ釣り、それからさまざまなスタイルのルアーフィッシングにどっぷりハマりました。
ルアーフィッシングを始めてすぐにベイトタックルのカッコ良さ、ピンポイントへキャストする楽しさに魅了され、ベイトタックルで河川での小物釣りからオカッパリでタチウオ、オニヒラアジのナブラ打ち、時々ベイトエギング、磯からシイラ、リーフウエーディングでタマン狙い、ミニボートでのルアーフィッシング、ライトジギングなどなど色々な釣りを経て、2013年12月に中古ですが念願のカヤックを購入し、それからカヤックフィッシングの楽しさに浮き浮き湧く湧くです!!
釣り飲み仲間のプロフィッシュ45テスターの森根さんから忍の事を聞き、画像を見て、惚れてまうやろ~!
カヤックフィッシングを楽しみ、それが皆様にも伝って浮き浮き湧く湧くするような活動が出来ればと思います!
宜しくお願い致します(^o^ゞ

 

 

 
       
   

 Y. Oda

(Opal / Shinobi / Nemo) 

2才位から親父に連れられて釣りの英才教育を受けていたので、物心ついた時には釣りに行くのが普通だと思ってました(笑) カヤックを始めてからは、試行錯誤する事も多々ありましたが、何よりカヤックに乗ってフィールドに出ると、今までの釣りとは想像もつかない世界がありました みんなにもこの素晴らしい体験をして貰う為に、カヤックの魅力を余す事無く伝えて行けたら嬉しいです!

 

 
Top